古典SFの名作『八十万年後の社会 タイム・マシン【大正翻案版】』電子版発売中

1913年に発行された、黒岩涙香訳述『八十万年後の社会』(大正二年 扶桑堂刊)が電子版・オン・デマンド版として復活した。

時間を移動する機械を発明した科学者が八十万年後の世界へ旅立つ、という奇想天外な着想で、後世に大きな影響をあたえたSFの古典的名作『タイム・マシン』。そこにこめられた当時の社会へのきびしい批判に共感した黒岩涙香が、原著発行から十数年で日本に初紹介した翻案版『八十万年後の社会』。いきいきとした涙香の名調子そのままに、現代かな遣いで読みやすく復刻した。

時間を旅する「航時機」を発明した博士は、はるか八十万年後の世界へ飛びたつ。そこは、華奢で美しい「人形人種」と、獰猛で危険な「土蜘蛛人種」とが棲みわける、奇怪な社会であった。

19世紀末、科学文明発達のかげで貧富の格差が増大する社会への批判もこめて、奔放な想像力で書かれたH・G・ウェルズの『タイム・マシン』。

この名作は、遠く日本で、やはり経済と科学万能の世を慨嘆する黒岩涙香の目に留まる。『噫無情』『鉄仮面』等、さまざまな名作を紹介してきた涙香は、『タイム・マシン』を『八十万年後の社会』と題して翻案する。

今や知らない人はいないであろう「時間旅行」の装置を世界中に広めた名作『タイム・マシン』。19世紀末の発展する資本主義社会の中で、H・G・ウェルズは80万年後にどんな未来を見たのか。映画化もされ、現在に至っても評価され続ける不朽の名作SFを、読みやすくなった涙香の名翻訳で楽しめる。

書籍概要

タイトル:『八十万年後の社会 タイム・マシン【大正翻案版】』
著者:H・G・ウェルズ(著) 黒岩涙香(訳述) 高木直二(編集)
発売・配信:2020年8月5日
価格:本体800円+税(電子版) 本体1200円+税(POD版)
判型:電子版・オン・デマンド版のみ

関連URL

扶桑社 

関連記事

注目記事

  1. 2020-9-24

    AI通訳機「ポケトークS」シリーズに「機動戦士ガンダム」のEditionが登場

    ソースネクストは24日、同社のポケトーク公式サイトpocketalk.jp限定で、同社のAI通訳機「…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る