日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」をリリース

Rimoは1日、自社として初のプロダクトであるAI文字起こしサービス「Rimo Voice」をリリースしたと発表した。

「Rimo Voice」は日本語に特化したことで句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができる。会議の議事録や会話の記録、取材内容の文字起こしといった利用シーンを想定しており、1時間の音声データが5分程度で文字化されるという。

「Rimo Voice」は日本語に特化したAI文字起こしサービス。パソコンやスマートフォンのブラウザを使った録音、もしくは既存の音声データをアップロードすることで文字起こしデータを作成することができる。日本語に特化した自然言語処理技術を使っているため、句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができる。

文字起こしデータは3〜5行程度の読みやすい形で表示され、読み取りが曖昧な箇所は文字の色が薄く表示される。1時間の音声データが5分程度で文字化され、文字起こしデータと音声データがサービス上に保存される。また、音声データと文字起こしデータは個別にダウンロードすることも可能。

音声データと文字起こしデータはシンクしており、文字を選択することでピンポイントに該当部分の音声を聞くことができる。横断検索でキーワードからすぐに該当するデータを探し出すこともできる。

文字起こしデータはURLで簡単にシェアすることができ、会議の議事録の代わりとしても使える。文字起こしデータはユーザー自身で修正することもできる。

値段は30秒20円の従量課金がベースとなり、別途定額プランもあるという。

関連URL

Rimo Voice 
Rimo

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-9-30

    10月28日~30日「第1回 AI・人工知能EXPO【秋】」など3展を開催

    リード エグジビション ジャパンは、10⽉28⽇から30⽇までの3⽇間、「第1回 AI・人工知能EX…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る