日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」をリリース

Rimoは1日、自社として初のプロダクトであるAI文字起こしサービス「Rimo Voice」をリリースしたと発表した。

「Rimo Voice」は日本語に特化したことで句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができる。会議の議事録や会話の記録、取材内容の文字起こしといった利用シーンを想定しており、1時間の音声データが5分程度で文字化されるという。

「Rimo Voice」は日本語に特化したAI文字起こしサービス。パソコンやスマートフォンのブラウザを使った録音、もしくは既存の音声データをアップロードすることで文字起こしデータを作成することができる。日本語に特化した自然言語処理技術を使っているため、句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができる。

文字起こしデータは3〜5行程度の読みやすい形で表示され、読み取りが曖昧な箇所は文字の色が薄く表示される。1時間の音声データが5分程度で文字化され、文字起こしデータと音声データがサービス上に保存される。また、音声データと文字起こしデータは個別にダウンロードすることも可能。

音声データと文字起こしデータはシンクしており、文字を選択することでピンポイントに該当部分の音声を聞くことができる。横断検索でキーワードからすぐに該当するデータを探し出すこともできる。

文字起こしデータはURLで簡単にシェアすることができ、会議の議事録の代わりとしても使える。文字起こしデータはユーザー自身で修正することもできる。

値段は30秒20円の従量課金がベースとなり、別途定額プランもあるという。

関連URL

Rimo Voice 
Rimo

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る