会話サマリーAI電話「ピクポン」、HubSpotアプリマーケットプレイスへの掲載を開始

pickupon(ピクポン)が提供する営業に特化した会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」は26日、「HubSpotアプリマーケットプレイス」への掲載開始を発表した。すでに実装されているHubSpot連携機能をより多くの人々に利用してもらい、電話営業における大幅な時間短縮とシームレスな体験を提供するという。

以前からpickuponは、HubSpot連携機能の開発を進めてきた。インバウンドを推奨・ 支援するHubSpotと、顧客のインサイト・課題に着目しpick upする会話サマリーAI電話pickupon(ピクポン)はコンセプトレベルでの相性の良さがあるという。

そこで今回はより多くのHubSpotユーザーに更なる業務効率化/最適化を実現してもらいたいとの思いからHubSpotアプリマーケットプレイスへの掲載を実施したという。

HubSpot連携で出来ること
1.HubSpot上でクリックコール
2.ユーザーが電話しただけで顧客発言のサマリーをテキスト化
3.pickuponでテキスト化した内容をHubSpotへ自動入力
4.HubSpotにpickuponから情報を自動入力する事で、HubSpot側によりデータが蓄積され営業活動効率化を促進
5.チャットツール連携も加えればHubSpot上の記録をチャットで社内共有可能

マーケティング、セールス、カスタマーサービスのためのCRMプラットフォームであるHubSpot。HubSpotとpickuponを連携することで、CTIを意識することなく電話しただけで顧客とのやり取りが自動入力され、顧客情報を一元的かつシームレスに管理できる世界の実現を目指すという。

関連URL

HubSpotアプリマーケットプレイス

pickupon

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る