ロボット応用ジャパン、株式投資型クラウドファンディングを開始

ロボット応用ジャパンは8日、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、9月12 日から募集による投資申込みの受付を開始すると発表した。

ロボット応用ジャパンは、エンドユーザーが要領を得ていないロボット自動化に対し、技術の細分化、見える化を通じて企画を総合的に立案し、スペースの制約や仕様変更などの汎用性も兼ね揃え、エンドユーザーの課題に向き合っている。今回、コンサルティングだけでなく、直接自社でもFactory Automationを行える事業展開を目指し、9月4日から株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOで、募集案内の事前開示を開始。

同社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げるという。募集期間は2020年9月12日~2020年9月14日、上限とする募集額は 4000万円(1口 10万、1人 5口まで)。

ロボット応用ジャパンの強みは、中小企業の製造現場にも適したFAを導入できるソリューションを保有しており、様々なロボットシステムメーカーと協力し、それぞれの製造現場に合うFAを毎回自社で考案し、企業に導入している点。また、パートナー企業の強みを熟知していることで、より多くのシステムバリエーションを考案できる。今後は既存のオペレーションにとらわれない最適なFAを低コストかつ短納期で導入することにより、中小零細企業の生産ラインの効率化を図り、企業の成長を目指すという。

関連URL

FUNDINNO のプロジェクトページ
ロボット応用ジャパン

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  2. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  3. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  4. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…
  5. 2021-5-31

    AI食事管理アプリ「あすけん」、「kawaii diet」iOS版の提供を開始

    会員数560万人の国内最大級AI食事管理アプリ「あすけん」の開発・運営を行うaskenは31日、サン…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る