ファームロイド、紫外線ロボットによる新型コロナウイルス不活化データ発表

ファームロイドは9日、板橋区、日本大学医学部、理化学研究所とともに進められてきた紫外線ロボット「UVBuster(UVバスター)」に搭載の紫外線ランプよる新型コロナウイルス不活化に対する実証実験で、短時間での不活化が証明された発表した。

9月4日に行われた本研究では、紫外線ロボット「UVバスター」に搭載されている紫外線ランプ(253.7nm)による照射距離30cmから0秒、5秒、15秒、30秒照射による新型コロナウイルスの不活化メカニズムが明らかになったという。

UVバスターが時速0.5~1.0km/hで走行しながら紫外線を壁面や机上に照射すると、新型コロナウイルスが検出できないまでに不活化することになるという。

関連URL

ファームロイド

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る