ALFIS、「ロボットパレタイズシステム」を販売開始

JRCのロボット・SI事業「ALFIS(アルフィス)」は7日、段ボールケースのパレット積み付け作業を自動化する「ロボットパレタイズシステム」を11月より販売開始すると発表した。

本システムは、「第23回 関西機械要素技術展」(10月7日~9日 於:インテックス大阪)に出展する。
「第23回 関西機械要素技術展」に本システムを出展

本システムの5つの特長

1.ティーチングなしでパレタイズを代替・自動化
ワークのサイズを入力し、提示された積み付けパターンを選択するだけのティーチレス・パレタイズ。従来、専門技術者にしかできなかったロボットの教示は必要ない。
2.パレタイズに必要な設備をすべてパッケージ化
ロボット、ハンド、安全装置など、導入に必要な一連の設備をパッケージ化。さらに、前後工程に必要なコンベヤ等の設備も要望に合わせて提案可能。顧客の現場に最適なシステムを提供する。
3.安全柵不要で省スペース
協働ロボットを採用しているため、安全柵を必要とせず、従来の産業用ロボットに比べて、省スペースで設置が可能*。また、作業者が近づき過ぎると低速運転に移行し、万一、装置に接触してもロボットが自動で停止するため、安全に人との協働が可能。
*高荷重対応の場合は、安全柵が必要な場合がある。
4.ワークもパレットも位置決めレス
通常、ロボットでモノを運ぶ際には、ワークやパレットの位置をあらかじめティーチングしておく必要がある。本システムは、カメラ認識により位置・角度を自動調整するため、別途位置決めするための大掛かりな機構を追加する必要がない。
5.対話形式の画面で誰でも簡単に操作可能
従来、ロボットの操作やワークの品種追加などは、専門技術者がひとつひとつ詳細設定をしなければ不可能だった。本システムは、対話形式の操作画面を採用することによって、誰にでも簡単に扱える仕様となっている。

関連URL

JRC(ロボット・SI事業)

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-19

    A.L.I. Technologies、四万十町の孤立集落支援システムを実現するドローン実証実験に成功

    A.L.I. Technologies(A.L.I.)は19日、2021年4月にKDDIとパーソルプ…
  2. 2022-1-18

    CBC、Jリーグ・FC東京に先端テクノロジーのAIカメラを導入

    CBCは18日、Jリーグ・FC東京とのパートナーシップにより、CBCがグローバルネットワークを活用し…
  3. 2022-1-17

    AI食事管理アプリ「あすけん」、DNSと食習慣を身に付けるチャレンジ企画を実施

    askenは17日、スポーツニュートリションブランド「DNS(ディーエヌエス)」を展開するDNSと共…
  4. 2022-1-14

    AIsmileyとSkillup AI、AI検定学習サービスカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができる AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営 する…
  5. 2022-1-13

    セコム、AI活用でバーチャルキャラクターが警戒・受付業務を提供するシステムを発売

    セコムは13日、AIを活用し警戒監視や受付業務などを行う「バーチャル警備システム」を販売開始した。 …

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る