A-LEADS Japan、AIによる間取り図の自動作成(トレース)を特許申請

A-LEADS HOLDINGS PTE.LTD (営業拠点 A-LEADS Japan・エイリーズ) は12日、運営する間取り図作成(トレース)サービス『間取り図たのも!』の次世代展開としてAIによる間取り図自動作成(トレース)の実用化に向け、特許申請を行ったと発表した。

これまで約30分〜1時間所要していたトレース業務を自動化。AIシステムによる自動作成は数秒、スタッフによる仕上げは数分で間取り図を作成できるシステムを開発した。

不動産業界では不動産広告の掲載にあたり、一般に流通している図面を自社向けに書き直し(トレース)を行い、広告利用を行うが、このトレース作業には一般的に30分から1時間程度の工数がかかっていした。今回開発したシステムでは、その作業工数が数秒〜数分に大幅短縮されるだけでなく、一度に数百件単位の間取り図の自動作成を行うことが可能になったという。

またAIにより自動作成(トレース)される間取り図のデザインは、事前に仕様設定することにより、自由に作成することがでるという。

ただし、今回開発したシステムでは、AIによる自動作成を行った間取り図の精度がクライアントの満足を得られる程度には至っていないため、同社スタッフによる数分の仕上げ作業が必要となるという。そのバックオフィスの運営や仕上げ作業は、同グループのアウトソーシング拠点であるカンボジアオフィスで実施。AIシステムの開発はシンガポールおよびベトナムで行っている。

関連URL

『間取り図たのも!』
『A-LEADS (エイリーズ)グループ』

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る