ヘッドウォータース、DX・AI領域の強化に向けサイバーセキュリティクラウドと連携

AIソリューション事業を手掛けるヘッドウォータースは2日、DX・AI領域におけるサイバーセキュリティ強化を目的としてサイバーセキュリティクラウドと連携すると発表した。

近年、多くの企業が業務効率化や生産性向上のためにAIを活用したDX推進の動きを活発化させている。さらに新型コロナウィルスの感染拡大を受け、デジタル化の波はより一層加速している。

そのような状況下でAIアプリ企画開発やAIプラットフォームの運営などのAIソリューション事業を手掛けるヘッドウォータースは、マルチAIプラットフォームである「SyncLect(シンクレクト)」を展開している。「SyncLect」はAIデータ統合プラットフォームであり、画像AIや機械学習など様々なクラウドAI機能を提供すると同時に、AIの利用に必要となるデータをクラウド上で管理することでWeb、アプリ、ロボットなどインターフェースを問わずAIに活用することを可能にしている。

一方で企業のDX推進やAI活用を進める上で、顧客との接点となるのはインターネットを介したWebサイトやアプリケーションであり、サイバーセキュリティ対策が重要となっている。サイバー攻撃による個人情報漏洩は社会問題となっており、すでにサイバーセキュリティ対策は重要な問題の1つとして認知されている。

そのような背景を受けヘッドウォータースとサイバーセキュリティクラウドは、無人店舗の運営における顔認証決済プラットフォームを皮切りに、「SyncLect」と「攻撃遮断くん」を連携させたサービスを提供している。

そして今回、ヘッドウォータースは企業がデジタル化を進める上で重要となるAI・DX領域のソリューションに対してサイバーセキュリティの強化を目的としてサイバーセキュリティクラウドとの連携を本格的に実施していくという。

今回の連携によりDX推進(デジタル化)実現のためのAIソリューションと、サイバーセキュリティ強化のためのクラウド型WAF「攻撃遮断くん」をワンストップで提供することが可能になり、今後業務の効率化や生産性の向上を目指す企業をはじめ、これまで以上に幅広い企業に向けてWebセキュリティサービスの展開を強化することが可能になる。

今後、ヘッドウォータースが提供する新入社員教育支援クラウドサービス「Pocket Work Mate」、備品管理クラウドサービス「Circurental」にサイバーセキュリティクラウドが提供するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」を連携させていくと共に、DX領域におけるサイバーセキュリティ対策のサービス開発や業務効率化ソリューションを開発していくとしている。

関連URL

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」
マルチAIプラットフォーム「SyncLect」
サイバーセキュリティクラウド
ヘッドウォータース

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る