WRO Japan、「ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム」オンライン開催

WRO Japanは、「第13回ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム」(セコム科学技術振興財団助成事業)を、12月5日にオンラインで初開催する。

小・中・高校生を対象にロボットを活用したプログラミング教育の実践活動報告を中心に、基調講演や特別ワークショップも実施するセミナーを行い、教育者・関係者で学びの共有と交流の場を提供する。

開催概要

名 称:第13回ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム
開催日:2020年12月5日(土)9時40分~14時40分
形 式:オンラインにて開催
目 的:教育現場、人材育成現場で実践されているロボットやプログラミング関連の教育事例,手法等の発表と意見交換を設け、関係者の交流の場を提供。
参加者:高校生 大学生,小中高校の教員、私塾やNPOの指導者、およびそれらをサポートする機関(大学、科学館等)また人材育成として取り組んでいる機関(企業、NPO等)
参加費:一般 3000円、大学生 1000円、WRO Japan会員 1000円

詳細・申込 

関連URL

WRO Japan

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-24

    amulapo、VRやAR、AIの技術を用いた「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」先行予約を開始

    宇宙の体験をつくる技術集団のamulapo(アミュラポ)は2020年度「いばらき宇宙ビジネス事業化実…
  2. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  3. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  4. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  5. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る