DataHax、AIを利用したナンバープレート認識システム”AutoCode”の新機能をリリース

DataHaxは28日、AI(機械学習)を利用したナンバープレート認識システムの”AutoCode”の車体検出/車体カウント機能をリリースしサービスを開始した。

車体検出/車体カウント機能に対して問い合わせが多数あり、ナンバープレート認識システムに追加して車体の検出と車体カウントする機能を追加した。この機能は交通量調査やマーケティングの効果検証に利用できる。複数の車線、進行方向にも対応している。

任意の位置で車体を検出できるため、高価なカメラやセンサーの設定をせずとも画像を保存できるため、低価格なカメラでナンバープレートの認識、文字の読み取りが可能になる。

今回の車体検出/カウント機能は道路の交通量調査や、マーケティングにより来客が増加したかなどのオフラインのマーケティングの効果検証が可能になる。車体のカウントとナンバープレート読み取りを利用することで、地名のカウントも可能となるため、より効果的なマーケティングの効果検証につながるという。

関連URL

DataHax  

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る