主要OEMがAI ワークロードへの対応を目的にNVIDIA 認証システムを投入

NVIDIAは27日、同社のパートナーが提供する新しいクラスのアクセラレーテッド サーバーによって、データセンターはAI とデータ分析をさらに加速させることができようになったと発表した。

大手システムメーカーが、現代のワークロードに対処できることがテストで初めて認証されたNVIDIA認証システムの第 1 弾を提供しようとしているという。

これらのシステムは、最新のGPUによってAIを加速し、NVIDIA Mellanox のネットワークを活用している。機械学習の手法を駆使し、企業データの山から洞察を掘り起こし、従来のシステムでは得られなかった原石を探り当てられるようになるという。

27日、Dell Technologies、GIGABYTE、Hewlett Packard Enterprise、Inspur および Supermicroの各社が揃って、認証サーバーの出荷を開始。NVIDIA は、世界中の大手 OEMと連携し、あらゆる業界で AI の発展に寄与していくとしている。

NVIDIA A100 Tensor コア GPUを搭載して出荷される、第 1 弾のシステムは、以下の通り。
・Dell EMC PowerEdge R7525 および R740 ラック サーバー
・GIGABYTE R281-G30、R282-Z96、G242-Z11、G482-Z54、G492-Z51 システム
・HPE Apollo 6500 Gen10 システムおよび HPE ProLiant DL380 Gen10 サーバー
・Inspur NF5488A5
・Supermicro A+ サーバーAS -4124GS-TNR および AS -2124GQ-NART

これらのシステムのすべてに、NVIDIA 認証システムのバッジが付けられており、NVIDIA の厳しい設計要件を満たしたシステムであるという安心感を顧客に与える。このバッジは、これらのシステムが機械学習やデータ分析といった、最も困難な課題に対処できることを示しているという。

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る