Sportip、AI姿勢分析『Sportip Pro』の評価項目が増加

Sportipは8日、同社が提供しているアプリ「Sportip Pro(スポーティップ プロ)」の姿勢解析機能における評価可能な項目が増加し、より詳細に分析することが可能になったと発表した。

追加された項目一覧
■顎の挙上
顎が挙上し頚椎が伸展位となってしまうと頚椎の関節や靭帯に余計な負荷がかかってしまい、頸部痛や偏頭痛、顎関節症、噛み合わせの変化を引き起こしてしまう。
■胸椎の後弯
猫背や肩の機能不全のリスクを予測し、肩の痛みの予防・猫背改善など障害・疾患予防に役立つ。
■腰椎の前弯
前弯が強ければ腰椎を伸展した時に腰椎へ過度な負荷が加わり、腰痛を引き起こす可能性が高くなる。
腰椎の湾曲が消失してしまうと腰部の衝撃吸収作用が低下し、損傷を受けやすくなる。また、腰椎屈曲時に髄核が飛び出し、腰椎椎間板ヘルニアを発症する原因となる。
■骨盤の傾き
上前腸骨棘(ASIS)と上後腸骨棘(PSIS)とのなす角度から骨盤の前傾・後傾を評価することができる。
姿勢のタイプや腰痛のリスクを判断することに役立ちます。

関連URL

『 Sportip Pro』紹介ページ
・整体師向け
・トレーナー・フィットネスクラブ向け

Sportip

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-22

    医療相談アプリ「LEBER」、「新型コロナワクチンの副反応」に関する機能提供を開始

    リーバーは22日、医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)に「新型コロナワクチンの副反応」を相談する…
  2. 2021-6-21

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestX、「HarvestX Lab」設立

    植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発するHarvestXは21日、アントレプレナーラボ(東京大学 …
  3. 2021-6-18

    MiR、新しい台車牽引ソリューションを発売 内部輸送の自動化を促進

    自律型モバイルロボット(AMR)で世界市場をリードするモバイル・インダストリアル・ロボット(MiR)…
  4. 2021-6-16

    WHILL、慶應義塾大学病院で自動運転モビリティサービスの実証実験エリアが2階に拡張

    WHILLは16日、慶應義塾大学病院で2020年9月から進めている外来受診の患者を目的地まで自動運転…
  5. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る