AIポータルメディア「AIsmiley」、無料コンテンツ「AIモデル作成入門書」を公開

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは17日、企業のDX部署・AI担当者向けに作成した無料コンテンツ「AIモデル作成入門書」を公開した。

「AIモデル」の定義として、マルチタスクを代替できる汎用的なものを想像する場合が多くあるが、既存で実装されている一般的なAIモデルというのは限定的なタスクに特化した、或いは単機能としての働きをしてくれるものだと言える。

それでも、上記のようなAIモデルを作成する際、データサイエンスの要素やエンジニア的な専門スキルが緻密に絡むため、外部の開発会社に請負契約で作ってもらうのが、これまでの一般的な手法だった。

しかし近年では、既存のフレームワークやライブラリを活用した、ノンプログラミングでAIモデルを作成できるというGUIツールやパッケージプロダクトが数多くリリースされており、外部に委託せずとも社内でAIを内製化できる環境が整い始めている。

AIモデル作成において、開発会社に委託を選択するかそれともGUIツール活用して内製で開発するかは、時間とお金のかかるAI導入のプロセスと成果物の行方を大きく左右するため、重要な検討事項となる。

AIモデル作成は開発会社への委託が一般的だった数年前に比べ、GUIツールという選択肢が生まれたことにより、近年ではよりいっそう「AI開発にはどういった手法があって、だれにお願いすればいいのか分からない」という声がAIsmileyに寄せられるようになったという。

今回の「AIモデル作成入門書」では、企業のAI担当者やDX施策を検討しているという人に向けて、ツールと開発どちらが自社に合っているかという観点から、AIモデル作成における勘所をまとめている。企業のAI担当者やDX推進に従事している人は、ぜひ一度手にとることを薦めるとう。

関連URL

問い合わせフォーム

アイスマイリー

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る