Deepwork、請求処理自動化サービス「invox」がAI OCR請求明細のデータ化に対応

Deepworkは22日、同社が提供する、請求処理自動化サービス「invox」は、AI OCRによる請求明細のデータ化およびデータ化した請求明細の仕訳辞書での利用に対応したと発表した。

invoxはこれまで支払と計上に必要充分な項目として、受け取り請求書から「発行者法人番号・発行者名・請求日・支払期限・支払先口座・請求金額・税区分ごとの金額の内訳」をデータ化していたが、品番や品名など請求明細もデータ化したいという顧客のニーズに応え、AI OCRによる請求明細のデータ化およびデータ化した請求明細の仕訳辞書での利用に対応した。

これにより品番や品名など、読み取った請求明細の内容を仕訳辞書で利用して、勘定科目等の自動仕訳が可能になるという。

関連URL

Invox

Deepwork

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る