AI inside、本人確認業務の効率化を図る顔認証APIを提供開始

AI insideは1日、本人確認業務に活用できる顔認証APIを提供開始すると発表した。

AI insideが開発・提供するAI-OCR「DX Suite」に顔認証APIを連携することで、本人確認書類の文字読み取りと顔認証を組み合わせて行うことができ、本人確認業務の効率化を図ることができるという。

顔認証APIを連携することで、顔認証で読み取った情報を複数パターンの利用用途で照合し、同一人物であるかの本人確認業務に活用できる。

Web APIでの提供のため柔軟性があり、RPAや業務システムとの連携も可能。顔認証APIの活用シーンは、オフィスの入退室確認、施設利用の会員確認、システムのログイン認証、銀行口座申し込みなどの本人確認業務や、eKYCアプリケーションへの取り込みなどを想定している。「DX Suite」を契約のユーザーは、顔認証の利用量に応じて1000円から顔認証APIを利用できる。

関連URL

DX Suite」

AI inside

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-11-9

    Society5.0的 タイムトラベル考察

    過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

注目記事

  1. 2021-2-19

    ワクチン接種業務の後方支援、パソコン業務を自動化する「アシロボRPA」を無償提供

    小規模自治体でも導入できる次世代型RPA「アシロボ」を提供するディヴォートソリューションは19日、新…

ピックアップ記事

  1. 過去や未来へのタイムトラベルは、多くの人にとって「夢の旅行」だろう。そのタイムトラベルとの出会いは人…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る