infonerv、EC向けの発注業務自動化 AI SaaS「α-発注」の事前登録がスタート

infonervは13日、EC事業者の発注業務を自動化するAI SaaS「α-発注」の事前登録をスタートした。

「α-発注」は、先端AIによって適切な仕入れ量を自動で算出することで、EC小売・卸事業者が行う発注業務の、精度と効率を同時に改善する。

今なら、事前登録した法人先着100社に、サービス利用料が1カ月無料になるクーポンをプレゼントする。

α-発注は、需要予測AIを搭載した発注量の自動算出ツール。発注量の検討に費やされていた膨大な時間をカットし、同時に、人の経験や勘に基づく発注に比べて、過剰発注や発注漏れ、在庫切れによる売り逃しなどを大幅に削減する。

「α-発注」の特徴
特徴1.適切な発注量を自動算出
先端需要予測AIが適切な発注量を自動で算出する。
特徴2.複雑な発注条件でもOK
詳細発注ルールを設定することで、複雑な商文化や特殊な発注条件も加味した発注量を算出する。
特徴3.発注リストが仕入れ先毎にまとまる
α-発注が自動で発行する発注リストをエクスポートして、そのまま発注することができる。

大量の商品を扱う昨今の小売り・卸事業者にとって、日々の発注業務は、膨大な時間のかかる負担の大きな業務となっている。

また、適切な発注量の決定には高度な数理分析が活躍しますが、工数の問題及び人材的な問題から、多くの事業者では、定量発注や、K2D2(勘・経験・どんぶり・度胸)で発注量を決定するなど、精度を犠牲にした発注方式を採用しているという。

その結果、過剰発注・発注漏れなどが頻発しており、経営に致命的なダメージを負うことも少なくない。

これらの課題に対して大手小売り事業者では既に、需要予測AIを搭載した自動発注システムの導入が進んでいる。

しかし導入には多額の費用が掛かることが殆どで、資本力のない事業者が導入することは現実的ではなかった。

このような背景の中で同社は、より多くの小売り・卸事業者が先端テクノロジーを活用できる世界を目指し、需要予測AIによる発注量算出機能を軸とした発注業務自動化ツール「α-発注」を、初期投資の少ないSaaSモデルで販売している。

関連URL

「α-発注」サービスサイト【事前登録受付中】

infonerv

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  2. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  3. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…
  4. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  5. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る