朝日広告社とCM総合研究所、生成AIでCM好感度の高いCM企画をつくる

朝日広告社とCM総合研究所は10日、生成AIとCM好感度を組み合わせたプロンプトエンジニリング サービスの概念実証を開始すると発表した。

本サービスは、生成AIで作成したCM企画をCM好感度データで評価し、その評価を踏まえたプロンプトで、より良いCM企画を新たに生成AIで作成する。クリエイター独自の感性による評価とCM好感度データに基づいた客観的評価を融合させた、生成AIを活用した新しいアプローチのCM企画サービス。

クリエイターをサポートするのはもちろん、プロデューサー、マーケター、CM制作を担当する事業会社にとって有益なサービスにすることを目指している。

今回、ハイクオリティなCMを数多く制作し続けている映像プロダクションシースリーフィルムと協力し、クリエイターを中心に実際にこのサービスを利用することで、サービスの有用性についての検証を進めていくという。

本サービスは「01」から「04」のプロセスをループさせる。

■01 生成AIのCM企画
要件を整理した指示を生成AIにインプットし、テレビCMを企画
生成AIを活用し、テレビCMの企画数を増量することで、クリエイターをバックアップする。
生成AIが生み出したCM企画案は、そのまま採用するのではなく、クリエイターによるブラッシュアップのベースにする。これにより、クリエイターのCM企画の初動を効率的かつ迅速にする。

■ 02 CM好感度の予測
テレビCMの企画を予測AIにインプットし、CM好感度を予測
予測AIは、CM総合研究所が保有するテレビCMデータとCM好感度データをインプットし構築されたシステム。生成AIで作成したCM企画の情報を入力するだけで、
①CM好感度票数/ランク
②好感要因
③性年代別好感度の予測結果
を直感的なダッシュボードでクリエイターに表示する。

■03 CM企画の評価
CM好感度などの予測値を検討し、テレビCMの企画を評価
生成AIが生み出したCM企画とCM好感度データをセットにして、クリエイターが評価する。
各案が課題解決にどれほど合致しているか、どう最適化できるかを考察し、より良いCM企画にブラッシュアップしていく方向性を決定する。

■ 04 プロンプトの作成
テレビCM案をより良い企画にするためのプロンプトを作成
クリエイターが自らの感性と客観的なデータを融合させ、生成AIで改めてCM企画をするプロンプトを作成する。クリエイター個人の独自の感性に加え、CM好感度の予測データに基づく客観的な要素も取り入れることで、品質の高いより良いCM企画を目指す。

関連URL

シースリーフィルム
東京企画(CM総合研究所)
朝日広告社

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  2. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  3. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  4. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  5. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る