NVIDIA、巨大なAI とハイパフォーマンス コンピューティングのワークロード向けに CPUを発表

NVIDIAは13日、最も複雑な AIとハイパフォーマンス コンピューティングのワークロードにおいて、今日の最速のサーバーの10倍のパフォーマンスを提供するArm ベースのプロセッサとなる、初のデータセンターCPU を発表した。

1万エンジニアリング人年以上の取り組みの結果、NVIDIA 「Grace」CPU は、自然言語処理、レコメンダー システム、AIスーパーコンピューティングなど、超高速のコンピューティング パフォーマンスと大容量メモリの両方を必要とする膨大なデータセットの分析を行う、世界最先端のアプリケーションのコンピューティング要件に対応するように設計された。「Grace」CPU は、エネルギー効率の高いArm CPU コアと革新的な低消費電力のメモリ サブシステムを組み合わせることで、エネルギー効率に優れた設計によって高いパフォーマンスを実現している。

スイス国立スーパーコンピューティング センター (CSCS) と米国エネルギー省のロスアラモス国立研究所は、国の科学研究活動を支援するためにGraceを搭載したスーパーコンピューターを構築する計画を最初に発表した。

本プロセッサは、米国のコンピューター プログラミングの先駆者であるグレース ホッパーにちなんで名付けられたという。

NVIDIAがGrace CPUを導入するのは、データの量とAIモデルのサイズが急激に増加しているから。今日の最大のAIモデルには数十億のパラメーターが含まれており、2 カ月半ごとに倍増している。それらをトレーニングするには、システムのボトルネックを解消するためにGPUと緊密に結合できる新しいCPUが必要だという。

NVIDIAは、Armのデータセンター アーキテクチャの優れた柔軟性を活用することにより、アクセラレーテッド コンピューティングのためにゼロから設計されたCPUであるGrace を開発した。NVIDIAは、新しいサーバークラスの CPU を導入することで、世界で最も差し迫った問題を解決するうえで必要なイノベーションを提供する鍵となるAIおよび HPC コミュニティにおけるテクノロジの多様性という目標を推進している。

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る