「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」10部門でエントリー企業・団体を募集

ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は、15回目となる「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」を主催、エントリー企業・団体の募集を開始した。

本アワードは、日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対し、総務大臣賞(予定)、他各賞の表彰を行う。これにより、クラウド事業者及びユーザ企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的としている。

受賞企業・団体及びサービスは、報道等により企業名・団体名・サービス名がとりあげられ、受賞式及びセミナー等での発表の機会が得られるほか、受賞マークによる営業効果が得られるという。

募集概要

1. 募集部門
(1) 社会業界特化系ASP・SaaS部門
(2) 基幹業務系ASP・SaaS部門
(3) 支援業務系ASP・SaaS部
(4) データ活用系ASP・SaaS部門
(5) AI部門
(6) IoT部門
(7) IaaS・PaaS部門
(8) データセンター部門
(9) 運用部門
(10) ユーザ部門

2. 応募方法、募集期間
応募には、応募サービスの名称、応募分野、企業名、連絡先等の申込みと、応募サービスの内容、特長、販売実績等を記載したエントリーシートの提出の2つのフェーズがある。
応募は無料。

(1) 申込み 申込み締切:2021年6月20日(日)
申込みフォーム
(2) エントリーシート(サービス内容等必要事項を記入するExcelシート)の提出

[1]エントリーシートの入手
上記(1)で申し込むと、自動返信メールでエントリーシートの入手方法及びダウンロード用のPWが記載された電子メールが届く。そちらから応募部門のエントリーシートをダウンロードする。
[2]エントリーシートの提出 送付締切:2021年6月30日(水)
エントリーシートにサービス内容等必要事項を記入の上、[クラウドアワード2021事務局] aspic_award2021@aspicjapan.org 宛に電子メールで送付。

(3) 応募の完了
事務局からのエントリーシート受領確認メールの送付をもって応募の完了となる。

関連URL

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」

ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)

関連記事

注目記事

  1. 2022-11-17

    ジョリーグッド、福岡大学と共同開発した「看護基礎教育VR」を学会で初公開

    ジョリーグッドは、12月3日〜4日に広島で開催される「第42回日本看護科学学会・学術集会」のセミナー…
  2. 2022-11-15

    AI作曲サービスSOUNDRAW、AI音楽に合わせて動画を自動生成するアプリ「BAEMOS」共同開発

    SOUNDRAWは15日、広告事業を手掛ける大広WEDOと連携して、企業のUGCマーケティングを推進…
  3. 2022-11-14

    MIXI、会話AIロボット「Romi」の導入+家のネット環境をワンストップで提供

    MIXIは、 日本PCサービスと提携し、日本PCサービスから、同社が提供する会話AIロボット「Rom…
  4. 2022-11-9

    洗剤を使わないコインランドリー「wash+ 」中葛西店・明海店でロボホン接客サービスを開始

    全国にコインランドリーを展開するwash-plusは9日、洗剤を使わないコインランドリー「wash+…
  5. 2022-11-7

    スキルプラス、AI顔認識技術のデジタル名刺とデジタルヒューマンの営業代行サービスを開始

    AI技術を採用したプラットフォームを独自開発しているスキルプラスは7日、AIを用いた顔認識技術とスマ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る