リンクス、画像処理ライブラリ「HALCONディープラーニングセミナー」を開催

産業用カメラ・画像処理のリーディングカンパニーであるリンクスは29日、11月から、画像処理ライブラリHALCONの最新バージョン20.11を発売開始すると発表した。それを記念してZoomを利用した「HALCONディープラーニングセミナー」を開催する。

HALCON20.11では、良品画像のみで学習し良否判定ができるアノマリー検出機能や、「説明可能なAI」を実現する高速・高精度なヒートマップ機能が、Steady Editionでも活用できるようになる。

また、ディープラーニング技術を活用したエッジ検出機能や高度なOCR機能なども新たに搭載される。

そして、形状ベースパターンマッチングにおけるパラメータ自動設定機能の向上など、ルールベース画像処理機能にも様々な改良が施されている。 本セミナーでは、これら最新バージョンの新機能を、ユースケースを交えて詳細に解説する。

なお、12月23日(水)までにHALCON開発ライセンスを注文すれば、Steady Editionは20%OFF、Progress Editionは有効期限2カ月無償延長、というキャンペーンを開催する。

セミナーの詳細・参加登録

関連URL

リンクス 

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る