「AI-CON Pro」のGVA TECHが横浜銀行とビジネスマッチング契約を締結

GVA TECHは22日、神奈川県および東京都に本社を置く中小企業に向けたサービスの提供拡大を目的として、横浜銀行とAI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」のビジネスマッチング契約を締結したと発表した。

コロナウイルスの影響により、契約における紙・ハンコ文化のあおりを受けて、これまでテレワークが難しかった管理部門でも、出社率20%を目標にテレワークを継続している企業が多く見受けられる。しかし「契約書をレビューする際に参考にしていた書籍や過去の契約書がオフィスに出社しないと見れない」「上司に気軽に相談ができないため契約審査時の判断に悩む」「一人で契約書をレビューしていると契約上のリスクを見落とさないか心配」といった悩みを中小企業の管理部門の人から聞くという。

そこで、横浜銀行との取り組みにより、横浜銀行の顧客企業である多くの中小企業に対し、GVA TECHの弁護士が用意した130種類を超える契約書の審査基準で契約書レビューができる「AI-CON Pro」のライトプランを提供することで、中小企業の管理部門における契約書レビューの課題を解決する。

「AI-CON Pro」は、ユーザーが使用している契約書ひな型や契約審査の担当者に蓄積されている基準をセットアップすることで、ユーザーのビジネス環境に則した契約書レビュー支援を実現するサービス。一方、契約書のひな型を持っていなかったり、普段あまり取り扱わない類型の契約書レビューに困っている企業や法律事務所に向けて、GVA TECHに所属する弁護士があらかじめ用意した130種類以上の契約審査基準で契約書レビューを可能にする機能「AI-CONプレイブック」も提供している。

GVA TECHでは、さまざまなパートナーと協業することで、テレワークでも円滑に契約書審査業務ができるように、企業や法律事務所を支援するとしている。

関連URL

「AI-CON Pro」

GVA TECH

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る