LegalForce、オンリーストーリーがAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入

LegalForceは13日、国内最大規模の決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY」を運営するオンリーストーリーに、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入したと発表した。

「LegalForce」導入の背景
・法務専任者不在のなか、法務未経験者が兼務で月50件の契約審査に対応。
・社内で判断できない契約書の審査が発生した際は、外部の顧問弁護士に依頼。最低でも審査には1日以上かかるため、スピード感のある対応ができないことに課題。
・契約審査のスピードと質を向上させるため、「LegalForce」を導入。

「LegalForce」導入の効果
・外部の顧問弁護士に依頼をしていた契約審査業務の内製化に成功。契約審査も最短30分で完了でき、大幅に時間を短縮。
・ひな形政策からバージョン管理まで、契約に関する業務はLegalForceで完結。
・「自動レビュー機能」の抜け漏れ指摘が契約書の品質向上に直結。指摘と合わせて表示される解説で法務知識を補完。

導入事例

関連URL

「LegalForce」
「LegalForceキャビネ」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-20

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る