NVIDIA 、エンタープライズ サーバー用GPUでAI 推論の記録を達成

NVIDIA(米国:カリフォルニア州)は22日、メインストリーム サーバー用 GPU である NVIDIA A30 GPUおよびA10 GPUが新たに追加された NVIDIAのAI 推論プラットフォームが、MLPerf の最新ラウンドにおけるすべてのカテゴリで記録的なパフォーマンスを達成したと発表した。

MLPerf は、コンピューター ビジョン、医用画像、レコメンダー システム、音声認識、自然言語処理といったさまざまなワークロードにわたってAIパフォーマンスを測定する、業界標準のベンチマーク。

今回初めて MLPerf に登場した NVIDIA A30 GPUおよび A10 GPU は、高いパフォーマンスと低消費電力を兼ね備え、AI推論、トレーニング、グラフィックス、および従来のエンタープライズ向けのコンピューティング ワークロードに至るまで、幅広いメインストリームのオプションを企業に提供。Cisco、Dell Technologies、Hewlett Packard Enterprise、InspurおよびLenovoが今夏から、大量に出荷されている自社のサーバーにこれらの GPU を搭載する予定だという。

NVIDIAは今回の成果を達成するにあたり、さまざまな GPUやTensorRTやNVIDIA Triton Inference Serverといった AI ソフトウェアで構成されるNVIDIA AIプラットフォームをフル活用した。TensorRTやNVIDIA Triton Inference Serverは Microsoft、Pinterest、 Postmates、T-Mobile、USPSやWeChatといった大手企業にすでに採用されているという。

関連記事

注目記事

  1. 2021-5-6

    AIポータルメディア「AIsmiley」、音声認識AIの比較表資料を無料配布

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-4-27

    AIポータルメディア「AIsmiley」が顔認証AIカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  3. 2021-4-22

    八芳園、ソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット「Servi」活用を推進

    八芳園は22日、ソフトバンクロボティクスと相互に連携し、ソフトバンクロボティクスの手掛ける配膳・運搬…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る