リックテレコム、AIシステム開発における「テスト手順」解説書を発刊

リックテレコムは25日、AIシステム開発における「テスト手順」解説書を発刊すると発表した。

機械学習によるAIソフトウェアの開発では、従来のテスト技術やテストツールは一切通用しない。本書はその解決策を提示する技術解説書であらゆるAI開発現場、待望の一冊だという。

 本書はAI向けの全く新しいテスト手法として、メタモルフィックテスティング、ニューロンカバレッジ、最大安全半径、網羅検証の4つを紹介する。教師あり機械学習で開発したディープニューラルネットワークおよびアンサンブルツリーが解く分類問題(画像識別)と回帰問題(価格予測)の実例を交え、4つの手法の原理と手順を解説。それぞれのチュートリアルを通じて実践スキルも身に付くという。

本書ではまず、AIの専門家でない人々に向けて、1章ではできるだけ平易に「AIとは何か?」の説明から始める。続く2章では、AI開発におけるテストの難しさと、考え方を説明。3章からはいくつかのテスト技術について説明するとともに、テストを実行するためのソフトウェアの導入方法や実行例も含めながら詳しく解説することで、読者がAIソフトウェアのテストを実践できるようになることをめざす。

書籍概要
書名:AIソフトウェアのテスト――答のない答え合わせ [4つの手法]
著者: 佐藤直人・小川秀人・ 來間啓伸・明神智之
判型:B5変型判
ページ数:264
定価:3080円

関連URL

リックテレコム書籍サイト

リックテレコム

関連記事

注目記事

  1. 2021-9-22

    宇宙ミュージアムTeNQ、AI案内ロボット展示物解説サービス開始に向け試験導入

    東京ドームシティの黄色いビルにある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)では、サービスロボットのロー…
  2. 2021-9-21

    XNOVA、クラウドファンディングで「AI絵画×NFT」プロジェクト始動

    AIやブロックチェーンなど最新のテクノロジーをテーマに製品開発やクラウドファンディングの企画・運営を…
  3. 2021-9-17

    ヒトとロボットが共生するライフスタイルの発信拠点「PARK+」渋谷にオープン

    “パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共…
  4. 2021-9-16

    大和書房、ロボットデザイナー・松井龍哉氏 初の単著発売

    大和書房は、『優しいロボット』(松井龍哉 著)を18日に発売する。 著者の松井龍哉氏は世界のロ…
  5. 2021-9-15

    SkyDrive、大阪府・大阪市と「空飛ぶクルマ」実現に向けた連携協定を締結

    「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発するSkyDriveは15日、大阪府及び大阪市と、大阪で…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る