日経BP、新刊『生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方』発行

日経BPは15日、生成AIを活用したビジネス・サービスづくりに特化した書籍『生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方』(梶谷健人 著)を発行した。予約好調につき、発売前増刷を決定した。

米OpenAIの対話型AI「ChatGPT」をはじめとした生成AIは、もはや一過性のブームではない。とはいえ、「使ってみたけれど思ったほど仕事に役立たない」「どう活用すべきか分からない」「ビジネスに本当に生かせるのか疑問」など、懐疑的な声もあふれている。

本書は、そんな疑いや疑問を払拭するための指南書。それも、経営層や事業リーダー、サービスづくりに携わる人たちが真に求めている知識やノウハウを提供することを目指した一冊。「事業づくり」「サービスづくり」、そして「組織づくり」という3つのテーマに関して、「現在」と「未来」の2つの時間軸で章を展開していく。

【本書の特長】
●すぐに使える! 生成AIを活用したビジネス・サービスづくりのフレームワークを多数収載
ただ単にChatGPTなどの生成AIを組み込むだけでは、革新的なサービスは生まれない。生成AIを活用する意義と意味のある新事業・新サービスを生み出すための具体的なフレームワークを徹底解説する。

●業界、さらには社会や人の在り方の変化も徹底予測
事業をつくるうえで、社会や人の在り方がどのように変化していくかも重要なポイント。中長期の視点として、2040~2045年の未来予測を収載。さらに、比較的短期の未来、つまり今後5~10年の時間軸で各業界がどのように変化していくかについても予測を提示する。

書籍のご購入はこちら
書名:『生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方』
著者:梶谷健人
定価:1800円(税別)
判型:A5判
頁数:304頁
ISBN:978-4-296-20426-7

関連URL

日経BP

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る