RSP、「ロボットマート~東京八丁堀店~」でロボットコーヒーマシンが稼働中

ロボットセキュリティポリス(RSP)は16日、コーヒーロボットを導入したと発表した。

QBIT Roboticsが提供する、アームロボットを使用するロボットコーヒーマシンを採用し、ロボットマート八丁堀店で、稼働している。

使用方法は、来店者がレジでドリンクを注文し、印刷されたQRコードをシステム上の端末にかざすと、アームロボットがコーヒーを淹れ始める。

コーヒーを抽出している間は音楽が流れ、ゆったりとした空間の中で待つことが可能。

また、ドリップコーヒー抽出時に使用している「modbar Pour over System」は、スターバックスリザーブロースタリー店でも採用されている。また、UCCコーヒープロフェッショナル提供の高級コーヒー豆「Largo」を使用しており、こだわりの味と香りを提供しているという。

ドリンクマシンにはスイス製の「FRANKE A600」を採用しており、それぞれの分量や入れ方などを細かく指定したレシピが開発可能。

アームロボットの愛くるしい表情とその動きを楽しんだ後は、淹れられたドリンクを飲みながらくつろげるスペースも用意しているという。

関連URL

ロボットセキュリティポリス

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る