小さなしっぽロボット『Petit Qoobo』、海外向けクラウドファンディングをスタート

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学は30日、世界最大規模のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」のひとまわり小さいサイズのしっぽロボット、「Petit Qoobo(プチ・クーボ)」の海外向けクラウドファンディングを開始すると発表した。まるで生きものような「Petit Qoobo」は、手や肌で触れ合え、“一緒にいられる”新しい癒しの体験を世界中に届ける。

『Petit Qoobo』は「CES2020」で初お披露目し、The Verge、CNN、TechCrunch、Engadget、Reuters、New York Postなど、45以上の国内外メディアへの掲載や来場者より多くの注目を集めた。

2020年3月27日からCAMPFIREで国内向けのクラウドファンディングを開始し、わずか43分で目標金額50万円の100%を達成。その後、45日間で目標金額を大きく超えた2671%(支援総額1335万9080円)に到達。1330名に支援され、5月10日に終了した。

関連URL

『Petit Qoobo』海外版クラウドファンディング「Indiegogo」
ユカイ工学

関連記事

COLUMN 時世時節

  1. 2020-8-11

    Society5.0のキーワード①「RPA」「DX」「5G」

    Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…

注目記事

  1. 2020-10-20

    農業×AIで独自の栽培方法を確立し農家支援を行うHappy Qualityが資金調達

    農業×AIにより高品質・高機能な農産物を一年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援および青果卸売業…

ピックアップ記事

  1. Society5.0を支える第4次産業革命(AI・ロボット・ビッグデータ・IoT・DXなど先端技術)…
  2. 2020年7月20日。AI・ロボットニュースを正式にリリースしました。 なぜ今、Society5.…
  3. 河合塾と、AI型教材「Qubena(キュビナ)」を提供するCOMPASSは13日、英語の4技能を統合…

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

    ページ上部へ戻る