アインド、AIで作業を監視する「作業の番人」発売

テクノホライゾングループのアインドは6日、AIで作業を監視する「作業の番人」を発売いたした。

AIで作業を監視する「作業の番人」は、工場現場における様々な作業を撮影したカメラ画像で作業者の作業をリアルタイムに監視するAI姿勢推定による作業監視システム。

間違った手順や異常作業を検出するとアラートを出し、正常な現場環境を保つことができる。また、プログラミングも直観的に行うことができ手間を取らない。

「作業の番人」の特長
◇ AI姿勢推定による作業監視
◇ 作業手順を遵守
◇ 指差し確認などの作業飛ばしを監視
◇ 繰り返し作業の回数チェック
◇ 異常発生時の動画/静止画を保存
◇ 直観的なプログラミング操作

関連URL

テクノホライゾン

関連記事

注目記事

  1. 2021-11-29

    SMITH & FACTORY、ロボット導入に必要なロケーション管理システムを提供

    最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下…
  2. 2021-11-26

    講談社、KickstarterNaviに感情表現がキュートな卓上ロボット「Eilik」登場

    講談社クリエイターズラボ KickstarterNaviは25日、感情表現がキュートな買いやすい卓上…
  3. 2021-11-22

    コト、呼吸のリズムをAIが解析するスマートデバイス「ZenTracker(仮称)」を開発

    枯れた技術の水平思考で世の中を楽しくするコトは22日、呼吸のリズムを視覚化するスマートデバイス「Ze…
  4. 2021-11-19

    シーセブンハヤブサ、鳥取県初となる「ドローン配送」の実証実験を実施

    シーセブンハヤブサと八頭町および鳥取銀行が推進する「八頭未来の田舎プロジェクト」(未来の田舎PJ)は…
  5. 2021-11-18

    Sapeet、「シセイカルテ」AI姿勢分析機能がアップデー

    PKSHA Technologyの子会社で、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとするS…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る