DJI、高性能農薬散布用ドローン「AGRAS T30」「AGRAS T10」の国内販売を開始

DJI JAPANは4日、高性能農薬散布用ドローンの新製品「AGRAS T30」(T30)「AGRAS T10」(T10)の国内販売を開始したと発表した。

DJI JAPANは、2017年3月のAgras MG-1シリーズ販売、2019年のT20の販売を経て、農薬散布用ドローンが日本の農業現場で信頼性の高い農業ドローンとなるよう、様々な機能の刷新や整備工場、教育施設の整備を推進してきた。

T30およびT10は日本の農業従事者からのフィードバックを反映し、更なるスマート農業への活用に向け、より安心・安全に、機能性や操作性も高めることで、生産性の向上に大きく貢献するという。

T30は、DJI農業の新しいデジタル・フラッグシップ。30リットルの液剤タンク、最大40kgの粒剤散布装置容量、16個のノズル、最大9メートルの散布幅を備えたT30は、空中散布効率を新たな高みに引き上げる。ワンタッチロッキングアーム設計のカーボンファイバーによるアーム構造は、折りたたんだ状態で体積を80%まで削減する。

T10は、コンパクトでありながら強力なソリューション。8リットルタンクと最大6メートルの散布幅で高効率な散布作業が可能。頑丈で信頼性の高い折りたたみ式トラス構造で、よりコンパクトになり展開も容易。日本の一般的な農業環境に適合した、新たな農薬散布ドローンだという。

T30とT10は、揺るぎない飛行の安全性に焦点を当て構築され、すべての環境と気象条件で周辺地域をとらえる球型レーダーシステムを備えている。障害物回避システムと適応飛行機能は、飛行中の安全性を確保するのに役立つ。前後に配したデュアルFPVカメラは、よりクリアな正面/背面の画像を提供し、サーチライトは従来に比べ2倍の明るさを備えている。

T30およびT10用に刷新された送信機は、最大4km離れた場所から安定した画像伝送をサポート。5.5インチの高輝度スクリーンは、過酷な屋外の炎天下環境でも鮮明な視界を提供する。RTK高精度測位モジュールにより、センチメートルレベルの飛行計画が可能になりる。また、追加の機能強化には、信号、干渉防止、操作の安定性が含まれる。

重要なコンポーネントを3層保護することで、T30とT10はIP67規格(バッテリーを除く)となり、農薬散布の過酷な作業環境においても必要な保護を提供する。

全国のDJI農業ドローン正規販売代理店にて受注・販売中。T30の本体価格は約170万円(希望小売価格)、T10の本体価格は約120万円(希望小売価格)。販売価格やその他詳細につきましては、DJI農業ドローン正規販売代理店まで問い合わる。

関連URL

「AGRAS T30」
「AGRAS T10」
オンライン製品発表会 
正規販売代理店
DJI JAPAN

関連記事

注目記事

  1. 2024-3-1

    鹿島、画像AIを用いて技能者の人数と作業時間を自動で把握するシステムを開発

    鹿島は2月29日、画像AIと独自の解析アルゴリズムを用いて、指定した作業エリア内における技能者の人数…
  2. 2024-3-1

    ユニフィニティー、AIおまかせ設定でモバイルアプリを自動生成する新機能を無料提供

    ユニフィニティーは2月29日、ノーコード・業務用モバイルアプリ作成の無料ツール「Unifinity …
  3. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  4. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  5. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る