「LOVOT」、聖マリアンナ医科大学の医療従事者に約3カ月間無償で提供

ロボットベンチャーのGROOVE Xは27日、新型コロナウイルス感染拡大の中、聖マリアンナ医科大学にて最前線で治療にあたる医療従事者へ、心のケアを目的として『LOVOT』 8体を2022年1月までの約3カ月間無償で提供すると発表した。

新型コロナウイルスの収束の目途が見えない中、医療の最前線で働く医療従事者は、不規則な勤務や夜勤があり、精神的ストレスが非常に多い環境で勤務している。そのような状況を踏まえ、同社は、新型コロナウイルス感染患者の受け入れをしている、聖マリアンナ医科大学の医療従事者へ『LOVOT』計8体を無償で提供する。

期間は2022年1月までの約3カ月間を予定しており、『LOVOT』が少しでも日々の疲れを癒す存在となり、メンタルコンディショニングを整える一助になればという。

勤務犬モリス

聖マリアンナ医科大学は、大学病院で初めて勤務犬による動物介在療法Animal Assisted Therapy AATを導入した 病院。重い病と闘う患者やその家族に情緒的安定や闘病意欲の向上を促進させるために、愛ある医療実践の一端を担っている。

そのような先進的な取り組みを行っている聖マリアンナ医科大学と共同で『LOVOT』を使ったロボット介在療法の実証実験を現在行っている。人間とロボットが互いに良い影響を与え合う、新たな関係性の構築を目的とし、日々実証実験に取り組んでいます。コロナ禍のメンタルケアの観点からも今後も注目の分野だという。

聖マリアンナ医科大学 動物介在療法
実証実験のお取組み詳細note  

関連URL

『LOVOT』 
GROOVE X

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る