L is B、チャットボットを活用したコンクリート打設情報共有システムを開発

L is B(エルイズビー)は27日、西松建設、日本ディクスと共同で、チャットボットを活用したコンクリート打設情報共有システムを開発したと発表した。

本システムは、コンクリート工事の手配業務について、現場技術者が各協力会社との連絡および確認業務、集計業務を円滑に遂行でき、発注ミスを防止することを目的として開発されたシステム。チャットツール「direct」で工事予定、労務の手配情報をデータベースへ登録し、最新情報を取得できることで管理業務の省力化を実現する。

コンクリート工事において、関係する協力会社数が多く、電話・FAX・メールでの打設予定内容の連絡および確認業務、毎月の生コン発注数量や各協力会社の出来高の集計業務が煩雑になっている。また、作業工程の変更や天候により、当初予定していた打設日から変更が生じるため、その都度、日程を調整する必要があり、現場技術者、協力会社の双方にとって大きな負担となっている。このように変更、調整が頻繁にある業務であるため、現場技術者や協力会社の全員にとって、変更した打設予定日や手配状況など最新情報の共有漏れを発生させないことは極めて重要。

チャットボットは、人と人の会話を示す「チャット」と自動プログラムを示す「ロボット」を組み合わせた言葉であり、人間同士が会話をするように、ロボットが自動で対話する技術のこと。チャットボットを活用する利点としては、人を介さずに対話の自動化が可能となる点があり、働き方改革や人手不足解消のための一手段として役立つ。

本システムでは、チャットボットを介して、現場技術者がコンクリートの手配表の内容を協力会社に連絡。それに対して協力会社が予定を確認し、作業の可否、打設当日の予定人員等を返答することにより、コンクリート工事の予定に対する連絡・確認が可能となる。打設予定内容に変更が生じた場合にも、現場技術者が同様に手配表を修正、登録するだけで、協力会社への速やかな連絡が可能。

コンクリート打設後に、現場技術者がコンクリートの打設数量(搬入数量)や左官工の施工面積、作業人工数等の実績を入力することで、現場作業所内の関係者間で最新の実績情報を共有でき、協力会社毎の月末の請求処理に必要なコンクリート工事の出来高集計が可能になる。

本システムにより、これまで電話・FAX・メールによって行っていたコンクリート工事に関する連絡、確認および集計業務に要する時間が大幅に短縮される。

本年度は本システムを複数の現場で導入・検証し、使い勝手などの課題抽出を行う。次年度はその結果を踏まえて本システムをブラッシュアップし、多くの現場に展開する予定。今後は、チャットボットを介して、現場毎のコンクリート打設予定内容、打設実施数量、作業員の歩掛りなどの情報を蓄積し、積算業務、工程計画に活用することを計画しているという。

関連URL

「direct」サービスサイト 
L is B(エルイズビー)

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る