アジラ、ドローン映像と行動認識AIで「溺れる人」のリアルタイム検知に成功

防犯セキュリティ向けに映像解析サービスを提供するアジラは28日、日本ドローン機構と、海で「溺れる人」を行動認識AIでリアルタイム検知し、要救助者を救助する実証実験を実施したと発表した。

実証概要

実施日時:2021年10月26日
実施場所:沖縄県北谷町、アラハビーチ
内容:入水中のエキストラの方々に、水泳、水遊び、そして、様々なパターンで「溺れる行動(海上保安庁の「溺れのサイン」を参考)」を適宜実施し、ドローンから空撮。その映像からリアルタイムで「溺れる行動」のみを検知し、現場でのモニター表示と発報及び、クラウドを介してスマートフォンへ通知、救助に向かうまでの技術的・運用的実現可能性を調査。
結果:一連の流れを試行。実証は成功し、実用化に向けて、運用面・技術面の課題が明確化。

同社は日本ドローン機構と「ドローン× AI」のシナジー創出を目的とした業務提携契約を締結しており、今後も水難事故に関する技術提供をはじめ、様々な社会問題を解決していく考えだという。

関連URL

アジラ

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る