Ultimatrust、「人」と「ロボット」の協業をより高度に推し進める新しいサービス開発に着手

AI解析プラットフォーム『Wisbrain』を開発・提供するUltimatrustは26日、人とロボットの協働をより高度に推し進めるため『Wisbrain』を基盤とした新しいサービスの開発・展開に着手したと発表した。

慢性的な働き手の不足、人件費高騰、コロナ禍による事業運営方法が課題となる中、複雑で高度な業務を担うことができるロボットを活用が推進されており、この流れは今後さらに加速する見込み。このような環境下、小売業においても『人』と『ロボット』の協働の必要性が認識されているが、一方で導入時の課題も明確になってきている。

Ultimatrustでは、『Wisbrain』関連サービスで培った店舗における情報収集、解析、活用のノウハウを活かし、『人』と『ロボット』との新しい働き方に対応したプラットフォームの開発・展開を推進する。「機能と機能を繋ぎ、ロボットをより賢く、人にしか出来ないことを人に」、ロボットをより活用可能なプラットフォームを提供することで、働き手不足を補い持続可能な社会の実現を目指すという。

監視カメラは、顧客の位置情報や動線などPOSシステムでは測定ができない様々なデータを取得することができる。しかし現状ではこれらカメラから得られた情報を活用する手段が限定的だった。『Wisbrain プラットフォーム』は、カメラからのデータを可視化、解析、利活用する仕組みを提供している。独自のデータ分析・処理基盤を活用し、リアル空間、サイバー空間双方のデータを連動させることで、人とロボットの動きを効率化させることが可能。

『Wisbrain プラットフォーム』は、Ultimatrusが提供する、データを収集・分析し利活用する情報分析処理基盤。クラウドとオンプレミスをシームレスに動作させることが可能であり、個別の課題ごとに最適な環境構築が可能。『Wisbrain プラットフォーム』のハードウエアやソフトウエアはモジュール化されており、柔軟な組み合わが可能なことから、企画立案から運用までの期間短縮にも貢献するという。

関連URL

Ultimatrus

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る