グリッド、「デジタルツインとAIで実現するサプライチェーンの脱炭素化」17日開催

グリッドは、「デジタルツインとAIで実現するサプライチェーンの脱炭素化」をテーマにしたウェビナーを11月17日に開催する。

現在、あらゆる業界において持続可能な社会の実現を目指した脱炭素化の取組みが行われている。サプライチェーンにおいては、自社の製品製造工程で排出される「Scope1、2」だけでなく、その前後で発生する輸送、配送をはじめとした「Scope3」も含めたサプライチェーン全体で、如何にCO2排出量を削減するかが重要な課題となっている。

しかしサプライチェーンは複雑で広大であるため、サプライチェーン全域で削減効果をもたらすソリューション開発はまだまだ進んでいないのが実情。

グリッドでは、豊富な社会インフラ分野のAI開発実績をもとにデジタルツインによるCO2排出量の可視化と、AI最適化技術によるCO2排出量の削減を可能とする開発プラットフォーム「ReNom Apps」によってサプライチェーンの脱炭素化実現を支援している。

ウェビナーでは「ReNom Apps」がどのようにサプライチェーン全体のCO2削減を実現するかについて、導入方法からその効果までを説明する。

開催概要

開催日時:2021年11月17日(水) AM11時~12時
開催形式:オンライン(Zoom)
定員:先着100名

参加申し込み 

関連URL

グリッド

関連記事

注目記事

  1. 2022-6-27

    仕事はもっと効率化できる!個人・企業向けAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」

    【PR】 仕事を効率的に進めるために、「どのように対処すればいいのか」と悩んでいる人も多いではない…
  2. 2022-6-25

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る