AIを活用したマッチングシステム宮城県の登録申込者数が約1カ月で1000名を突破

タメニーは8日、宮城県が運営するみやぎ結婚支援センター「みやマリ」の「マッチングシステム構築等業務」及び「結婚支援業務(センター運営業務)」の業務を委託されており、9月20日のシステム運用開始から約1カ月で登録申込者数が1000名を突破したと発表した。11月1日からは紹介を開始している。

現在、各地方自治体においては、「少子化社会対策大綱」(2020年5月29日に第4次の閣議決定)、及び「ニッポン一億総活躍プラン」(2016年6月2日閣議決定)に基づき、実効性のある少子化対策として結婚に向けた活動支援や結婚に伴う新生活支援など先進的な取り組みを進めている。また2020年12月には、内閣府がAIやビッグデータを活用した自治体の婚活事業を支援する方針を打ち出した。

こうしたなか、宮城県においても9月1日にみやぎ結婚支援センター「みやマリ」を開設。同社は「マッチングシステム構築等業務」及び「結婚支援業務(センター運営業務)」の業務を宮城県から委託されているが、この度、システム運用開始から約1カ月で登録申込者数が1000名を突破した。

システム提供をはじめとし、結婚支援センターの運営、イベント・セミナー受託からなる地方自治体向けサポート(3Dオペレーション)は、同社としてはじめての取り組みとなる。

3Dオペレーションとは、結婚支援システム「parms」、婚活支援センターの運営、各種イベント・セミナーの受託の3つを基盤とする地方自治体向けサポートを総称した名称。

関連URL

タメニー

関連記事

注目記事

  1. 2022-9-13

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る