グロース X、滋賀県庁が最新のAIを学ぶ「グロース X AI編」を導入

グロース Xは17日、滋賀県が、職員が最新のAIを学ぶため、「グロース X AI編」を導入したと発表した。自治体でのAI編の導入は初だという。

自治体においては、デジタル化に対して迅速に対応するとともに、制度や組織の在り方等をデジタル化に合わせて変革していくデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が求められている。滋賀県職員10名が「グロース X AI編」で学習を行うことで、DXの推進を強化していくという。

グロース X AI編の特長
・AIの基礎をわかりやすく学べる、体系化されたカリキュラム
・チャット型アプリで、スキマ時間に学習できる
・AI企画やAIプロマネの実践力が身につく
・チームで学んで共通言語化が可能
・“AI研修/教育のトップランナー”、野口竜司氏がカリキュラム全面監修

関連URL

「グロース X AI編」
滋賀県 
グロース X

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  2. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  3. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…
  4. 2024-5-8

    エファタ、「AI遺言書作成支援サービス」の無償提供を開始

    エファタは2日、法律的な要件を満たしたうえで、AIとの会話を通して遺言者の希望に沿った遺言書の下書き…
  5. 2024-5-8

    生成AIサービスの本格導入を計画している地方自治体は7割以上=イマクリエ調べ=

    イマクリエは、2024年2月から4月の3カ月間に、106の地方自治体に対して、生成AI活用状況のヒア…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る