グロース X、滋賀県庁が最新のAIを学ぶ「グロース X AI編」を導入

グロース Xは17日、滋賀県が、職員が最新のAIを学ぶため、「グロース X AI編」を導入したと発表した。自治体でのAI編の導入は初だという。

自治体においては、デジタル化に対して迅速に対応するとともに、制度や組織の在り方等をデジタル化に合わせて変革していくデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が求められている。滋賀県職員10名が「グロース X AI編」で学習を行うことで、DXの推進を強化していくという。

グロース X AI編の特長
・AIの基礎をわかりやすく学べる、体系化されたカリキュラム
・チャット型アプリで、スキマ時間に学習できる
・AI企画やAIプロマネの実践力が身につく
・チームで学んで共通言語化が可能
・“AI研修/教育のトップランナー”、野口竜司氏がカリキュラム全面監修

関連URL

「グロース X AI編」
滋賀県 
グロース X

関連記事

注目記事

  1. 2021-11-30

    DNP、AIで顧客の声から“感情”を解析し効果的なリモート接客を支援

    大日本印刷(DNP)は30日、リモートで接客中の顧客の声からAI(人工知能)が“感情”を解析し、接客…
  2. 2021-11-29

    SMITH & FACTORY、ロボット導入に必要なロケーション管理システムを提供

    最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下…
  3. 2021-11-26

    講談社、KickstarterNaviに感情表現がキュートな卓上ロボット「Eilik」登場

    講談社クリエイターズラボ KickstarterNaviは25日、感情表現がキュートな買いやすい卓上…
  4. 2021-11-22

    コト、呼吸のリズムをAIが解析するスマートデバイス「ZenTracker(仮称)」を開発

    枯れた技術の水平思考で世の中を楽しくするコトは22日、呼吸のリズムを視覚化するスマートデバイス「Ze…
  5. 2021-11-19

    シーセブンハヤブサ、鳥取県初となる「ドローン配送」の実証実験を実施

    シーセブンハヤブサと八頭町および鳥取銀行が推進する「八頭未来の田舎プロジェクト」(未来の田舎PJ)は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る