横浜市新杉田公園、公園で働くロボット芝刈機「Automower450X」の愛称が決定

神奈川県横浜市にある新杉田公園(指定管理者:横浜緑地、親会社:西武造園)では、公園内の野球場の維持管理のため、ハスクバーナ・ゼノアのロボット芝刈機「Automower 450X(オートモア)」を2021年9月から導入している。

来園者や近隣の方々からの注目を集めるロボット芝刈機により愛着をもってもらうため、公園内の専用ポストで愛称を公募した結果、総数62件の応募があり、応募作品の中から公園スタッフによる投票で選定を行い、愛称を「くさカルー」に決定したことを24日に発表した。

神奈川県横浜市にある新杉田公園では、公園内の野球場の芝生維持管理のため、ロボット芝刈機「Automower 450X(オートモア)」を2021年9月から導入しており、現在2台が稼働している。

「Automower」は、1995年にスウェーデンに本社を構えるハスクバーナから発売され、様々な施設の芝⽣管理に実績をもつロボット芝刈機。

自動で草刈りを行うロボット芝刈機は、導入当初から来園者や近隣の人々から注目を集めており、公園スタッフのアイディアで顔のような装飾を施したところ、「今日は何時から働きはじめますか?」「けなげで、かわいい!」などの反響の声も多く寄せられるようになった。

そこで、2021年10月~11月の期間中、来園者により親しみを感じてもらうため愛称募集の企画を実施したところ、総数62件の応募があり、その中から愛称が「くさカルー」に決定したことを公園Webサイトで発表した。

また、公園で稼働するロボット芝刈機「Automower 450X(オートモア)」2台のうち、もう1台には新杉田公園のイメージカラーである青色で全体をペイント。この青いロボット芝刈機については、公園近隣の梅林小学校2年生に愛称を考えてもらい、「ブルーHくん」に決定した。

横浜市新杉田公園
ロボット芝刈機「 Automower(オートモア)」

関連URL

ハスクバーナ・ゼノア
横浜緑地 

関連記事

注目記事

  1. 2022-1-14

    AIsmileyとSkillup AI、AI検定学習サービスカオスマップを公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができる AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営 する…
  2. 2022-1-13

    セコム、AI活用でバーチャルキャラクターが警戒・受付業務を提供するシステムを発売

    セコムは13日、AIを活用し警戒監視や受付業務などを行う「バーチャル警備システム」を販売開始した。 …
  3. 2022-1-12

    「メディア博士」、AI自動音声変換機能をアップグレード

    博士.comは12日、同社が提供する、ビジネス動画製作・クラウド動画作成ツール「メディア博士」が、A…
  4. 2022-1-11

    RevComm、音声解析AI電話MiiTel3周年記念 無償トライアルキャンペーンを実施

    RevCommは11日、同社が開発、提供する音声解析AI電話MiiTel(ミーテル)の3周年を記念し…
  5. 2022-1-6

    アイスマイリー、「製造業・建築業向けの画像認識AI」テーマにウェビナーを27日開催

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る