カオピーズ、手書きOCR機能などを盛り込んだ「機能性AI-OCR Yomokka」を再誕

カオピーズは5日、Kaopiz OCRに新たに手書きOCR機能などを盛り込んだ「機能性AI-OCR Yomokka」として再誕したと発表した。

Yomokkaは活字・手書きを問わず、あらゆるフォーマットの書類から指定した情報を⾃動的に識別し、99.5%までの高精度で読みとることができる。

「機能性AI-OCR」とはどんなフォーマットの書類からでも、必要情報を自動的に探し出して読み取ることができるカオピーズの技術。従来型のOCRではあらかじめ読み取りたい部分を範囲設定する必要があったが、この技術によりYomokkaは文字の位置関係やキーワードから必要情報と関連項目を自動的に判断し、読むことができる。

Yomokkaの対応範囲は広く、身分証明書などの定型文書はもちろん、名刺や請求書などの取引先ごとにフォーマットが異なる非定型文書や、アンケート用紙に書かれた手書き文字なども柔軟に読み取ることが可能。

今回新たに対応した手書き読み取り機能のほか、機能性AI-OCR Yomokkaには以下のような特徴がある。

1.どんな書類、どんな画像からも柔軟に読み取り可能
汎用型エンジン以外に、パスポートや免許証などの各種特化型エンジンもご用意している。
2.必要な情報を⾃動的に探して読み取り可能
取引先ごとにフォーマットが異なる書類も、一枚ずつ範囲指定をせずに、まとめて読んで簡単にデータベース化することができる。
3.読みたいキーワードに関連する内容・値を判断
請求書などは、表内のキーワードと縦横の位置関係から内容を判断し、読み取る。
4.手書き文字、国内で一般的に使用されている殆どのフォントに対応
横文字であれば、活字と手書き文字が混在していても読むことができる。
5.スマートホンで撮影した画像からも読み取りが可能
カオピーズの高精度の画像処理技術で、斜めに置かれた書類や、台形画像を補正し、内容を読み取る。
6.読み取り精度は業界トップクラス!
7.要望に沿ったカスタマイズを行い、顧客専⽤のエンジンも開発可能
自社サービスへの組み込みや、OCR以外の技術と組み合わせた導入などの相談可能。

関連URL

カオピーズのAI-OCRのデモサイト 
カオピーズ

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る