AFUストア、AI知能搭載のC180水陸両用スマート水槽の先行販売を開始

AFUストア(運営:鑫三海)は31日、応援購入サービスMakuakeで、C180 水陸両用スマート水槽の先行販売を開始した。

魚を飼いたくても、水換えや水槽の掃除が面倒。忙しい時は、魚に餌やりを忘れてしまうこともある。それらを全て解決したのがこのAIを搭載し、飼育を簡単にした初心者でも魚を飼育できる水陸両用スマート水槽「C180」。

Wi-Fiスマートボックスを接続するだけで、アプリ内でポンプを操作して、水流、酸素量の調整ができる。アプリ操作以外、水槽蓋にある電源スイッチを2回押してポンプを開け/閉めできる。

スマート給餌器を設置することで手動給餌はもちろん、アプリ内で時間と給餌量を設定し、自動給餌も可能。さらに、給餌の記録はアプリ内に記録される。万が一給餌を忘れた場合は、給餌履歴をスマホでチェックすることができる。

「C180」に配置されたフルスペクトルライトは「白、赤、緑、青、紫、黄、流光」7つのモードがある。アプリ内で好みの色を選べるのでどのような部屋にも馴染むという。

魚の排泄物は水の中の微生物が分解し、植物の養分となって吸収される。こうすることでキレイな水が水槽に戻る。この循環を繰り返すことで、水をキレイに保てるという。

水槽は透き通ったアクリル素材を採用し、360°死角なしで、魚が水槽の中で泳ぐ姿を見られる。アクリル素材は耐久性が高く、割れにくい。さらに、子供たちにも魚の飼育を楽しめるよう、水槽全体は楕円形に設計され、尖っている部分が一切ない。

プロジェクト概要
販売期間:2022年1月31日(月)~2022年3月30日(水)18時まで
目標金額:200,000円
価  格:先着20名限定31%OFF 1セット1万7980円(税込)~
プロジェクトページ 

関連URL

鑫三海 

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る