デジタルメディア研究所、文章生成サービス「AI のべりすと alpha2.0」利用した文学賞開催

デジタルメディア研究所は21日、文章生成サービス「AI のべりすと alpha2.0」を利用した日本で初めての文学賞を開催する。

選考の上、優秀作品は小学館からの書籍化も検討される予定。本文学賞は、小説を中心に「AI のべりすと」との共同作業により、クイズ、シナリオ、俳句、漫才等々、幅広いジャンルからユニークな作品の応募が期待されるという。

これまで小説を完結させた経験のない人から「『AI のべりすと』の力を借りて最後まで書き上げることができた」との声も届いており、新たなユーザーを掘り起こし、クリエイターの活性化をはかる機会になるという。

「AI のべりすと alpha2.0」とは、世界的にファンの多い音楽ゲームアプリ「ToneSphere」等を開発してきたクリエイターSta(すた)が、Google TRC の協力のもと 525GB、文庫本約 178 万冊分のコーパス(データベース)により訓練した日本最大級の物語生成 AI ジェネレーター。

2021年秋に正式リリースされると SNS を中心に瞬く間に話題になり、クラウドファンディング READYFOR で 597 万円の支援を達成。授業に取り入れる大学も現れている。

AI のべりすと文学賞 開催概要

小説作品: 8000文字~10 万字程度
ショート作品: 1200 文字~1万字程度
*エッセイ、シナリオ、クイズ、俳句等形式は問わない
応募方法:公式サイトの応募フォームから
応募〆切:2022 年 6 月 30 日(木)
発表:2022 年 10 月 1 日(土)
◆最優秀作品賞 1 名 賞金 50 万円と副賞
/小学館賞 1 名 /優秀作品賞 2 名 /AI ショート賞 1 名 (各 10 万円と副賞)
◆審査員
入江武彦(会社役員/著作権コンサルタント) /川田十夢(AR 三兄弟 長男)/五味未知子(アイドル、タレント)/ 佐藤満春(放送作家)/竹内宏彰(アニメーションプロデューサー)/ 田口ランディ(作家)/ダ・ヴィンチ恐山(ライター)/ ぴちきょ(メタバースマーケター)/橘川幸夫(デジタルメディア研究所)

「AI のべりすと文学賞」

関連URL

「AI のべりすと alpha2.0」 
デジタルメディア研究所

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  2. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  3. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…
  4. 2024-5-23

    Gatebox、AI接客サービス「AIバイト」に最新の生成AI「GPT-4o」を採用

    Gateboxは22日、法人向けにChatGPT連携のAI接客サービス「AIバイト」をバージョンアッ…
  5. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る