エクセルホテル東急、レストランで運搬用ロボットシステム「HolaBot」を導入

渋谷ストリームエクセルホテル東急は24日、Bar & Dining「TORRENT(トレント)」に、運搬用ロボットシステム「HolaBot(ホラボット)」を導入すると発表した。

「HolaBot(ホラボット)」とは、PUDU社が考案した呼び出し機能付き運搬用ロボットで、多くのレストランの要望により誕生した。今般、同ホテルの導入の目的は、「HolaBot(ホラボット)」による下膳サービスのサポートにより効率の良いサービスや働きやすい環境作りを構築することで、客とのコミュニケーションに集中し更なるおもてなしの向上、顧客満足度の向上を目指すこと。また、人とロボットの協働により、渋谷らしい新しいサービスパフォーマンスを提供する。

「HolaBot(ホラボット)」の最大の特徴として運搬重量が60kgとパワフルな運搬能力があるため、一度に3卓分程度の食器類を運ぶことが可能。また、「Hola Hola」と呼びかけると音声を正確に特定し、呼びかけた方向へ下膳した食器類を入れやすいように方向を転換する。これにより作業効率のアップやスタッフの歩行数を減らすことができるようになり、客への安定的なサービスの提供を実現する。

専用Watchを使用することでスタッフのもとへ素早く移動し、下膳がしやすいようにロボットが回転し、洗い場まで運んでくれる。人や障害物を回避しながら目的地まで辿り着き、到着通知を受け取ることや遠隔操作が可能なので、スタッフと連携し、働きやすい環境へと変化する。

また、ロボットにも目があり、にっこり笑ったりするなど愛らしい表情もあるので、周囲を和ませてくれる。

渋谷ストリームエクセルホテル東急では、今後も形式に捉われず、新たな取り組みにチャレンジをし、顧客にとってもスタッフにとっても、より過ごしやすい環境作りを目指していくとしている。

関連URL

渋谷ストリームエクセルホテル東急
エクセルホテル東急

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る