LegalForce、阪急阪神ホールディングスがAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入

LegalForceは26日、鉄道やバスなどの都市交通事業、不動産事業、エンタテインメント事業などを手掛ける阪急阪神ホールディングスが、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入したと発表した。

「LegalForce」導入の背景
・一人当たりの契約審査数が多く、審査の質を担保しながら量を担保することが大変に。
・加えて、他部門から法務担当に移動するメンバーも増え、法律知識の底上げや育成が課題に。

「LegalForce」導入の効果
・契約審査1件にかかる時間が3分の2になり、審査業務の効率性が大きく向上。
・法律に関する説明が掲載されているため、若手メンバーの法律知識の底上げに寄与。

導入事例

関連URL

「LegalForce」
「LegalForceキャビネ」
LegalForce

関連記事

注目記事

  1. 2022-7-26

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。

    トップページの「注目記事」に掲載する記事を募集しています。 Society5.0時代を支えるAI(…
  2. 2022-7-19

    CAC、準天頂衛星システム「みちびき」とブロックチェーンで配達員保険システムの実証実験

    社会や産業のデジタルイノベーションに取り組むシーエーシー(CAC)は19日、準天頂衛星システム「みち…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る