アイブリッジ、「Freeasy」がAI搭載セルフ型アンケートツールに大幅バージョンアップ

24時間セルフ型アンケートツール「Freeasy(フリージー)」を展開するアイブリッジは2020年4月から筑波大学 ビジネスサイエンス系 尾崎 幸謙 准教授 と共同で「AIによる不適切回答者の予測の研究」を行ってきた。

約2年の共同研究から独自のアルゴリズムを構築(特許出願中)。2日、不適切回答候補者を排除した調査モニターへネットリサーチが可能になったと発表した。

また、尾崎 准教授は2022年4月から「Freeasy」のアドバイザーに就任。調査モニターやアンケートツールの品質向上のため、同氏と共にアイブリッジはセルフ型アンケートツール「Freeasy」の更なる改良を進めていくという。

尚、「Freeasy」は調査モニター数が全国1300万人以上となり、導入企業が3000社を突破した。

Web調査の回答者には不真面目な回答を行う回答者がある程度存在しており、マーケティングリサーチや学術調査を行う上で以前から課題となっていた。そこで、このような不適切と思われる回答者を回答データから抽出する方法を機械学習を用いて構築するために、2020年4月から筑波大学とアイブリッジは共同研究を進めてきた。

AIリリースを記念して尾崎准教授によるオンラインセミナーを、6月7日(火)14:00~開催する。

セミナーの申込

関連URL

「Freeasy」
アイブリッジ

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る