八楽、AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」の機能をアップデート

八楽は6日、同社が提供するAI+人で生産性を高めるAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」がVer.4.2.0にアップデートし、12種類の新機能を追加することを発表した。

ユーザビリティの向上に加え、自動翻訳後に人が行う編集作業のアシスト、翻訳文の正確さを客観的に検証する逆翻訳機能等、翻訳業務における手間削減を推進する。新機能は6月18日から提供開始する。

自動翻訳の精度は近年格段に進化したが、依然として固有名詞や数字の間違い、訳抜け、文法・スペルミスもあり、自動翻訳の結果をそのままビジネスに使用すると、重大な問題に発展する場合がある。

そのためAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」には、自動翻訳後に人の手で修正できるポストエディット機能を搭載している。

ユーザーからはポストエディット機能を評価される一方で、「ポストエディットが難しい」「どこを編集すればいいのか分からない」「どこを注意して確認すればいいのか分からない」
などの声が寄せられたという。

そこで、「編集アシストツール」「逆翻訳機能」の追加などを行い、6月18日からユーザーへの提供を開始する。今後もユーザーの声を元に継続して機能改善を行い、より多くの企業における生産性向上に寄与していくとしている。

関連URL

「ヤラクゼン」 
無料トライアル(企業向け)
パーソナルプラン(個人向け)
八楽

関連記事

注目記事

  1. 2024-5-17

    ホープリヴス、生成AIでモデル撮影の時間とコストを大幅削減「アイファモ」をリリース

    ホープリヴスは14日、サービス展開しているAIキャスティで、アパレル業界の撮影プロセスを根本から変革…
  2. 2024-5-17

    アイスマイリー、AIの導入を促進させる「生成AI導入ガイドブック」リリース

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは13日、AI導入推進の一環として、…
  3. 2024-5-10

    生成AI・ChatGPTが進化させるイベント情報メディア「EventNews」サービス開始

    bravesoftは9日、新たなAI技術を活用したイベント情報メディア「EventNews」のサービ…
  4. 2024-5-10

    テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入

    Terra Drone(テラドローン)は8日、九州電力送配電に、AI によるがいし自動検出機能を搭載…
  5. 2024-5-10

    アイスマイリー、「AI博覧会 Summer 2024」を8月29日30日に開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、8月29日~8月30日に「AI博…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る