アクセンチュア、AI Powered Management Cockpitの本格展開を開始

アクセンチュアは7日、データに基づく未来予測型経営への企業変革を支援すべく、AIによる経営判断支援ソリューション「AI Powered Management Cockpit(エーアイパワード マネジメント コックピット)」の本格展開を開始したことを発表した。

AI Powered Management Cockpitは、さまざまな経営指標を一元的に可視化し、AIによる目標達成予測と、それに基づく対策シミュレーションを提示することで、次に取るべき経営の意思決定を支援するアクセンチュアのソリューション。経営目標に対する進捗状況を一覧表示し、未達になる見通しの場合にはアラートを出して、達成に向けた対応策を複数提示する。さらに、それぞれの対応策を講じた場合の効果シミュレーションも併せて提示することで、データに基づく未来予測型の経営判断を支援する。

例えば、欠品や過剰在庫といった指標でリスクを検知した場合、追加発注や倉庫間移動、売値変更などといった対応策をAIが提示する。さらに経営層に向けて、市場動向やサプライチェーンの情報など、まだ顕在化していない将来的なリスクも踏まえた効果のシミュレーションも併せて提示します。また、経営者がAIの提案と違うアクションを取る場合は、それによる売り上げや利益率、在庫状況などの各指標への影響をシミュレーションしながら意思決定することも可能。さらに、決定された経営判断は、接続されている基幹システムを通して関係各所とリアルタイムに連携され、シームレスなアクションにつなげることが可能。このように、意思決定の結果を蓄積していくことで、継続的な予測精度の向上と提案の高度化につながるという。

アクセンチュアでは今後、AI Powered Management Cockpitを需給や顧客ロイヤリティ指標などの業績関連数値のシミュレーションのみならず、サステナビリティ関連などの非財務指標も含めた幅広い企業価値シミュレーションへとさらに機能拡張させ、幅広い業界に導入を進めていく予定。

なお、AI Powered Management Cockpitはすでに複数の顧客に活用されており、中でもメガネブランドJINSを運営するジンズでは、経営状況の可視化とサプライチェーンの強化、業務負荷の削減を実現している。経験則に基づいたリスク検知と需給対応から、AIと人との連携による未来予測型の経営判断へとシフトさせることで、試験期間において欠品による売り逃しを約65%削減し(粗利金額ベース2019年比)、廃棄ロスの約10%削減(除却・評価損含む2019年比)にもつながった。これまでの試験運用の結果を踏まえ、7日からJINSでの本格運用が開始される。

関連URL

アクセンチュア

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る