LegalOn Technologies、「LegalForce」でオンラインエディタ機能を12月中旬提供開始

LegalOn Technologiesは1日、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で契約書の編集が可能になるオンラインエディタ機能をオープンβ版として2022年12月中旬から提供開始予定だと発表した。これにより、「LegalForce」上で、契約審査業務をワンストップで対応することが可能になる。

契約業務は、(1)案件の受付、(2)契約書の起案・審査、(3)締結、(4)管理の4ステップで構成されている。(1)案件の受付、(2)契約書の起案・審査においてはAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を、(3)の契約の締結においては電子締結サービスと連携し、(4)管理においてはAI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供している。

これまで(2)契約書の起案・審査業務のうち、契約書の編集業務については外部の文書作成・編集サービスを使用する必要があった。今回のオンラインエディタ機能の提供により、文書の編集・保存をはじめ、コメントの追加や返信、変更履歴が残せるようになり、「LegalForce」上で契約書の編集業務を完結できる。

「LegalForce」オンラインエディタ機能の特徴
・契約書の編集・保存をはじめ、コメントの追加・返信や変更履歴が残せるようになり、「LegalForce」上で契約書の編集作業を完結できる。
・契約書の編集に必要な機能のみを実装。使用頻度の高い機能に絞ることで、契約書の編集作業に集中することができる。
・オンラインエディタ機能で編集した契約書は、自動的に新バージョンとして「LegalForce」に保存される。修正した契約書をその都度アップロードする手間を省くことができる。

関連URL

「LegalForce」
LegalOn Technologies

関連記事

注目記事

  1. 2024-7-19

    人機一体、直感的な操作システム搭載人型重機が JR西日本の鉄道設備メンテナンスに導入

    人機一体は17日、同社のロボット工学技術が搭載された初めての製品となる「多機能鉄道重機」が、7 月か…
  2. 2024-7-17

    順天堂大学、AIを用いた脳容積解析ソフトウェアを開発

    順天堂は16日、順天堂大学保健医療学部診療放射線学科の後藤政実 先任准教授、京極伸介 教授、代田浩之…
  3. 2024-7-12

    生成AIによるオススメフォントのアドバイスサービス「DynaGPT」リリース記念キャンペーン

    主に文字フォント開発、およびその関連製品の開発・販売・保守を行う、ダイナコムウェアは、生成AIによる…
  4. 2024-7-6

    WITCRAFT、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始

    WITCRAFTは2日、生成AIを活用した動画サービスDO/AI(ドゥ・エーアイ)を提供開始した。 …
  5. 2024-7-3

    AI英語アプリ「マグナとふしぎの少女」、GIGAスクール端末向けにアップデート

    昨年夏、学校内で流行りすぎて公開停止となったミントフラッグの英語学習アプリ「マグナとふしぎの少女」は…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る