大成、アバター警備ロボット「ugoTSシリーズ」が広島ホームテレビ警備に導入

総合ビルサービスの大成は14日、同社が提供しているアバター警備ロボット「ugo TSシリーズ」が、広島ホームテレビの警備業務を受託している不二ビルサービスに11月から正式導入されたと発表した。

デジタル庁発足によりデジタルトランスフォーメーション(DX)の開発導入が加速する中、DXを通じた人手不足解消の期待が高まっている。

「ugo」は、立哨・巡回などの施設警備を基本業務とし、今回不二ビルサービスとの共同で警備業界の人手不足および業務効率化を図るため、同ビルに導入する運びとなった。これにより、警備業務の一部を「ugo」で代行できるようになった。

「ugo」の特徴は、2本のアームを備えていること。カメラを使った監視や警備だけでなく、アームを使ってモノをつかむことや、エレベーターの呼び出しができる。そのため、上下階への移動も可能。声掛けや会話は、防災センター内の警備員が「ugo」を通じて行う。

立哨や巡回など、施設警備における基本業務を警備員から警備ロボットに代替することで、省人化によるコスト削減や、人と人との接触機会を減少させ感染症などへの感染リスクを低減する。

関連URL

不二ビルサービス
大成

関連記事

注目記事

  1. 2024-6-19

    NVIDIA、生成 AI が台風を追跡しエネルギー消費を抑制

    NVIDIAは12日、従来、CPU のクラスターで複雑なアルゴリズムを実行し、25キロメートル解像度…
  2. 2024-6-10

    アイスマイリー、認識系から生成系までAI活用の最前線ウェビナー28日開催

    AIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、ビジネス現場向け最新AIウェビナ…
  3. 2024-5-31

    リブ・コンサルティング、「生成AIアプリケーション カオスマップ2024」を公開

    リブ・コンサルティングは29日、急速に発展する生成AIビジネス市場で欧米において生成AIアプリケーシ…
  4. 2024-5-23

    そらかぜ、AIで天気と相談するコーデアプリ「そらコーデ」公開

    そらかぜと日本気象協会は22日、AIを活用した新しいアプリ「そらコーデ」をiOSおよびAndroid…
  5. 2024-5-23

    ネクストシステム、AIで人物のシンクロ度を評価 「VP-Sync」を販売開始

    ネクストシステムは20日、AIで読み取った骨格情報から、人物動作のシンクロ度を自動評価するAIシンク…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る