BASICS、屋外用自律走行型掃除ロボット「VIGGO」石川県で一般公開の実証実験

ロボット上のアプリケーション開発を手がける石川県のIT企業BASICS(ベーシックス)は、4月24日~28日の5日間、屋外用自律掃除ロボット「VIGGO(ヴィ-ゴ)」の実証実験を、石川県加賀市の加賀中央公園にて実施する。

期間中は一般公開で実証実験を実施。地元の人々やメディアも見学できる。

本格的な自動運転技術を搭載した屋外用掃除ロボットVIGGOは、日本国内で総代理店を務めるテクトレにより2021年1月に発売された。屋外用の自律走行型ロボットは適用難易度が高いのが現状。さらに掃除ロボットとなると、国内においても適用例は少なく希少だという。

VIGGOは、遠隔監視のみで走行できるレベル4の自動運転技術を搭載し、特定走行エリアで道路上の落ち葉や枝、砂利などを完全に自動で収集できる。

検証では1日8時間でVIGGO1台が人間約6人分の面積を清掃でき、掃除効果も人間より高い結果が出ている。道路工事による行先の封鎖や、マンホ-ルの蓋が開いた状態など、さまざまな路上の状況に対応し、人間や障害物を回避することもできる。

ロボットの居場所、状況は常時把握でき、屋外でもロボットの位置誤差を5センチ以内にキープできる性能を備えている。

小雨、小雪の天気でも自動掃除が可能で、夜間でも照度50ルクス程度の街灯があれば走行が可能。VIGGOの走行は、清掃効率を向上させ、人件費削減を期待できる。

関連URL

BASICS

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る