Recursive、日本国内の降水量や気温、日射量などの気象情報を生成するAIを開発

Recursive(リカーシブ)は23日、過去の気象データを分析し、日本国内の任意の地点において降水量や気温、日射量などの気象情報を生成するBorealis(ボレアリス)を開発し、企業や自治体などへの提供を開始した。

ボレアリスは、各種衛星データ、アメダスなどの気象データとトポグラフィをベースとして開発され、過去20年分の気象観測地点の情報分析から日本国内における任意の場所の気象情報をシミュレーションするシステム。日本国内の気象観測地点は限られた場所に設定されていることから、気象観測地点から離れた場所において細密な気象データを得るために、マンパワーや時間、コストをかけて調査することが一般的な手法として用いられてきた。ボレアリスは高精度のデータをAIが生成することにより、工数などの問題を迅速に解決し、企業や自治体などの迅速な意思決定をサポートする。

活用事例として、特定地点の日照量や風向き、降雨量が年間を通じて高精度でシミュレーションできることから、大規模な太陽光発電や風力発電だけでなく、規模が小さい再生エネルギーの用地選定においても簡便に発電量の算出が可能となる。その他、自然災害に対するハザードマップ作成や農地計画、地方都市の開発など気象が関係する用地選定に幅広く応用が可能。

リカーシブでは持続可能な社会のためにAIモデルの開発を手がけているが、今回開発したボレアリスを通じ、クリーンエネルギーの促進や災害対策、地方創生など多義にわたって社会に対してより大きな貢献していくとしている。

関連URL

Recursive

関連記事

注目記事

  1. 2024-2-23

    オルツ、2030年までにAIクローン5000万人創出を目指し現行業務のAI移行を加速

    P.A.I.(パーソナル人工知能)をはじめ、AIクローン技術でつくり出すパーソナルAIの開発および実…
  2. 2024-2-23

    ジョリーグッド、医療DXの二大課題を解決する「ひらけ、医療。」VR活用推進キャンペーン

    ジョリーグッドは、「ひらけ、医療。」プロジェクトの一環として、医療DXにおける二大課題を解決する「ひ…
  3. 2024-2-23

    産業用AIロボット研究開発のCoLab、独自の自律制御ロボット製品「AI Servo Robot System」リリース

    過酷な単純作業を自動化しサプライチェーンの変革を目指し、産業用AIロボットの開発・販売を行うCoLa…
  4. 2024-2-20

    オンラインでBtoBマッチング「ロボット・ドローン展示会」5月1日~15日開催

    「デジタル展示会」を運営しているプライスレスは19日、オンラインでできるBtoBマッチングとして「ロ…
  5. 2024-2-20

    【生成AIの印象は…?】22.2%が、生成AIの普及が「良いとは思わない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

    NEXERが運営する日本トレンドリサーチは16日、「CREXiA」と共同で「生成AI」に関するアンケ…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る