AIチャットボット 「BEBOT」、国際的スノーリゾート・ニセコの地域DX推進支援

ビースポークとニセコプロモーションボードは1日、AIを活用したリアルタイムのコミュニケーションプラットフォーム「BEBOT」(ビーボット)のサービスを、ニセコスノーリゾートエリアにて開始した。

ニセコエリアの観光案内に加えて、リフト運行情報や山頂の天候についても、API連携で、リアルタイムに回答可能になっており、ニセコエリアのスマートリゾート化の促進を支援する。観光客の情報を収集、分析し、再訪率向上に向けたデジタルマーケティング施策の強化にも貢献するという。

Bebotは、スマートフォンで利用する人工知能(AI)によるチャットボットで、「正確性」そして「リアルタイム性」が求められる環境において「安心・安全」を届けるために開発されたサービス。ゲストの質問やリクエストに対して、スタッフに代わり、多言語で24時間365日リアルタイムに対応する。導入施設においては、窓口業務の一部をAIで自動化することにより、施設運営の生産性とともに利用者の満足度向上を実現する。

関連URL

ビースポーク 

関連記事

注目記事

  1. 2021-6-15

    AIポータルメディア「AIsmiley」、AI活用したサプライチェーン最適化カオスマップ公開

    人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイス…
  2. 2021-6-14

    名古屋市、「AI・IoT人材BOOSTプログラム」2コースの参加者募集開始

    名古屋市は14日、イノベーションの担い手を創出するため、起業や新規事業の開発を目指す人材を育成するプ…
  3. 2021-6-10

    オルツ、「AI GIJIROKU」がiPhoneとAndroidに対応

    デジタルクローン、P.A.I.(パーソナル人工知能)を開発するオルツは10日、同社の「AI GIJI…
  4. 2021-6-8

    「AI受診相談ユビー」、サービス開始1年で月間利用者数100万人を突破

    Ubieは8日、同社が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」が、サービ…
  5. 2021-6-7

    エルピクセル、医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」脳動脈瘤候補点の検出精度が向上

    エルピクセルは4日、医用画像解析ソフトウェアEIRL Brain Aneurysmについて、脳動脈瘤…

カテゴリー

最近の投稿

ページ上部へ戻る